学術論文

FieldAuthor(s)TitleJournalVolume, Issue, & PageYear & MonthNotes
Liquid CrystalH. Tsujinoue, T. Nozawa and N. AraiCylindrical defect structures formed by chiral nematic liquid crystal in quasi-one-dimensional nanotubesPhys. Chem. Chem. Phys.22 (29), 16896-169042020/06
Review小林祐生,荒井規允界面活性剤水溶液およびコロイド懸濁液における自己集合と流動ダイナミクス混相流34 (1), 11-182020/03
SurfaceN. Arai, Y. Kobayashi, and K. YasuokaBiointerface effect on the self-assembly of ribonucleic acids: A possible mechanism of RNA polymerization in the self-replication cycleNanoscale12 (12), 6691-66982020/03
PolymerR. Miwatani, K. Z. Takahashi, and N. AraiPerformance of coarse graining in estimating polymer properties: comparison with the atomistic modelPolymers12 (2), 3822020/02
NanoparticleY. Kobayashi, N. Arai, and A. NikoubashmanStructure and dynamics of amphiphilic Janus spheres and spherocylinders under shearSoft Matter16 (2), 476-486 2020/01
学術論文」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



 

 著書

TitleAuthor(s)PublisherDateNotes
データ分析の進め方及びAI・機械学習導入の指南 ~データ収集・前処理・分析・評価結果の実務レベル対応~荒井規允情報機構2020/07第5章第4節第1項 AIと分子シミュレーションを用いた材料物性の予測
高分子材料の事典(仮)荒井規允朝倉書店(高分子学会編集)脱稿済第XX章XX節: 散逸粒子動力学法
化学便覧 基礎編 改訂6版荒井規允,泰岡顕治丸善出版脱稿済第XX章XX節: 粗視化ポテンシャルについて
人と共生するAI革命 ~活用事例からみる生活・産業・社会の未来展望~荒井規允,湯原大輔,泰岡顕治NTS Inc.2019/06第11章3節「AI活用による材料創製のための分子シミュレーションの高速化と界面活性剤性質予測システムの開発」
界面活性剤の選び方、使い方 事例集荒井規允技術情報協会2019/07第2章 第9節「AIによる界面活性剤の性質予測」
著書」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



 

 学会発表

FieldPresenter(s)TitleConferencePlaceDateNotes
NanoparticleY. Kobayashi, N. Arai, and A. NikoubashmanStructure and Dynamics of Amphiphilic Janus Particle Suspensions under ShearThe 2nd Pacific Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC2019)Maui, Hawaii, USA2019/12
Liquid CrystalH. Tsujinoue, T. Nozawa, and N. AraiCharacteristic Phase Behavior of Cholesteric Liquid Crystals Confined in NanotubesThe 2nd Pacific Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC2019)Maui, Hawaii, USA2019/12
NanoparticleY. Araki, Y. Kobayashi, and N. AraiFormation Process and Self-Assembled Structure of Tetrapod Nanoparticles using Dissipative Particle Dynamics SimulationThe 2nd Pacific Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC2019)Maui, Hawaii, USA2019/12
Machine LearningN. Arai and T. InokuchiCombination of Machine Learning and Coarse-Grained Molecular Simulation for High-Performance Surfactant MaterialsThe 2nd Pacific Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC2019)Maui, Hawaii, USA2019/12
Surface澤眞詩, 荒井規允, 山本詠士, 泰岡顕治散逸粒子動力学法を用いた単一ヤヌス粒子の拡散について第33回分子シミュレーション討論会名古屋, 愛知2019/12
学会発表」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



 

 受賞など

Author(s)TitleContentDate
小林祐生ナノ流体における熱伝導メカニズムの分子論的解明および新規熱輸送媒体の設計令和2年度育英奨学生(一般財団法人 慶應工学会)2020/07
小林祐生複雑流体における熱交換メカニズムの分子論的解明および新規高効率熱輸送媒体の提案2020年度潮田記念基金による博士課程学生研究支援プログラム(慶應義塾大学)2020/07
小林祐生分子シミュレーションを用いたナノチューブ内におけるJanusナノ粒子水溶液の自己集合と粘性挙動 総合理工マスターズ2017 優秀ポスター賞(近畿大学大学院総合理工学研究科)2017/03
荒木雄介ナノコンポジット材料の機械特性におけるナノ粒子の自己集合が与える影響の解明後期博士課程研究助成金(慶應義塾先端科学技術研究センター)2020/07
荒木雄介研究のすゝめ奨学金(慶應義塾大学大学院理工学研究科)2020/07
受賞など」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>