Jun. 15, 2024
<img src="https://www.arai.mech.keio.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/time1.gif" width="24"> <span style=" font-size : 1.1em">Jun. 15, 2024</span>
May 31, 2024
<img src="https://www.arai.mech.keio.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/time1.gif" width="24"> <span style=" font-size : 1.1em">May 31, 2024</span>
Apr. 23, 2024
<img src="https://www.arai.mech.keio.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/time1.gif" width="24"> <span style=" font-size : 1.1em">Apr. 23, 2024</span>
Feb. 27, 2024
<img src="https://www.arai.mech.keio.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/time1.gif" width="24"> <span style=" font-size : 1.1em">Feb. 27, 2024</span>
Feb. 5, 2024
<img src="https://www.arai.mech.keio.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/time1.gif" width="24"> <span style=" font-size : 1.1em">Feb. 5, 2024</span>
Dec. 6, 2023
<img src="https://www.arai.mech.keio.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/time1.gif" width="24"> <span style=" font-size : 1.1em">Dec. 6, 2023</span>
Nov. 7, 2023
<img src="https://www.arai.mech.keio.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/time1.gif" width="24"> <span style=" font-size : 1.1em">Nov. 7, 2023</span>
previous arrow
next arrow
 


  慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 荒井研究室のホームページです.
研究室配属についてはこちらのページへ         「ソフトマター」についてはこちらのページへ


 本研究室では,分子シミュレーションを用いて様々なソフトマターに関する現象を分子・原子レベルで解明することを目的としています. [ソフトマターとは?] これまで分子シミュレーションは主に基礎研究や理論研究に主に用いられてきました.しかし近年のコンピュータの劇的な進化やアルゴリズムの発展に伴い,徐々に工学的な応用研究へも踏み出せるようになってきました.
 例えば現在,車や飛行機の設計開発で連続体シミュレーションが用いられているように,今後化学や薬学,医学製品の開発で分子シミュレーションが用いられる日が来るはずです.今がまさにそのPhase transitionの時期で,私達は分子シミュレーションを工学に利用するための最先端の研究に取り組んでいます.
 研究内容は機械工学だけでなく,物理化学や化学工学,医学など多くの分野に渡り,共同研究も幅広く行っています.研究内容に興味がございましたら,お気軽にお問い合わせ下さい.


Latest Information

[2024/6/15 - 論文掲載]

佐藤君(D3)が筆頭著者,辻之上君(2020年修了)が第2著者,荒井准教授が責任著者の論文がPhysical Review E (IF: 2.4)に掲載決定しました.この研究は産総研(AIST)との共同研究成果です.本研究では,ナノチューブに閉じ込められたナノ空間において,ブルー相に相当する相がネマチック相とスメクチック相の間の広い温度範囲で持続することを示しました.また,ナノチューブの半径を調整することでブルー相のピッチを制御できることをを明らかにしました.


Post date: 2024-06-15 09:17:24
[2024/5/29 - 学科間合同セミナー@矢上Forum]

応用化学科 緒明研究室と物理情報工学科 清水研究室と合同で学科横断研究セミナーを実施しました🎉


Post date: 2024-06-05 15:32:48
[2024/5/31 - 論文掲載]

鈴木君(M2)が第2著者,荒井准教授が第4著者の論文がColloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects (IF: 5.2)に掲載決定しました.この研究はキリンホールディングス株式会社との共同研究成果です.本研究では,ポリビニルアルコール(PVA)で表面を修飾したポリメタクリル酸メチル(PMMA)粒子を用いて,分散相が74%を超える高内相エマルションを含む固体安定化エマルションを調製しました.我々は分子シミュレーションによって,部分的に加水分解されたPVAが完全に加水分解されたPVAよりも良好な吸着挙動を示すことを明らかにしました.


Post date: 2024-05-31 13:59:22
[2024/5/2 - 論文掲載]

荒井准教授が第3著者の論文がCommunications Chemistry (IF: 5.9)に掲載決定しました.この研究は慶應義塾大学機械工学科泰岡研究室との共同研究成果です.本研究では,氷表面の擬似液体層に対して分子動力学シミュレーションと機械学習を適用し,その分子論的な特徴を調べました.その結果,擬似液体層は固体の氷と液体の水が混在しているのではなく,動的特徴が切り替わる不均一な状態であることを明らかにしました.


Post date: 2024-05-02 19:48:28
[2024/4/23 - 論文掲載]

山田君(M2)が筆頭著者,荒井准教授が最終著者の論文がLiquid Crystals (IF: 2.2)に掲載決定しました.本研究では,コレステリック液晶をナノチューブに閉じ込めたときの自己組織化と相転移について分子シミュレーションを用いて調べました.特にコレステリック液晶分子のねじれ半径とピッチを変えたときにの相図を描き,分子構造由来の特徴を明らかにしました.


Post date: 2024-04-23 09:56:08
最新の5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



Recent publications

Author(s)TitleJournalYear & Month
T. Sato, H. Tsujinoue, K. Z. Takahashi, and N. AraiCoarse-grained molecular simulation of the effect of liquid crystal molecular pitch on structure in cylindrical confinementPhys. Rev. E2024/XX
K. Yamada and N. AraiCholesteric liquid crystal phase variations within nanotubes: An in-depth analysis of the influences of twist Radius and molecular pitchLiq. Cryst.2024/XX
T. Yamazaki, K. Suzuki, Y. Kobayashi, N. Arai, and T. TsujiPoly(vinyl alcohol)-modified poly(methyl methacrylate) particles for solid-stabilized oil-in-water emulsions Colloids Surf. A2024/09
I. Yasuda, K. Endo, N. Arai, and K. YasuokaIn-layer inhomogeneity of molecular dynamics in quasi-liquid layers of iceCommun. Chem.2024/05
A. Yamaguchi, S. Arai and N. AraiDesign strategy for blends of biodegradable polyester and thermoplastic starch based on a molecular dynamics study of the phase-separated interfaceCarbohydr. Polym.2024/03
学術論文」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



Recent presentations

Author(s)TitleConferencePlaceDate
荒井規允TBA洗浄に関するシンポジウム(日本油化学会)東京都江戸川区2024/10
T. Banno, K. Ueno, Y. Ishiwatari, K. Sasaki, T. Kojima, K. Asakura, N. AraiMolecular Understanding of Self-Propelled Motion of Droplets in Aqueous Surfactant SolutionChromatin Structure and Function Gordon Research ConferenceRhode Island, USA2024/07
S. Sasaki, H. Ueno, N. Arai, K. Asakura, T. BannoCreation of Giant Vesicles with Balancing Structural Stability and Stimuli-ResponsivenessChromatin Structure and Function Gordon Research ConferenceRhode Island, USA2024/07
荒井規允“分子シミュレーション”ד機械学習”によるソフトマター材料開発の深化Winmostar TechDay2024東京都中央区2024/07
T. Sato, I. Yasuda, Y. Kobayashi, N. Arai, and K. YasuokaInfluence of Polymers on Ice-Polymer Premelting DynamicsDPG Spring MeetingBerlin, Germany2024/03
学会発表」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



Conference or Presentation Information

 
DateConferencePlaceNotes
[2024/07/26]Winmostar TechDay2024@東京都中央区
[2024/7/30-8/2]ISMC2024@North Carolina, USA
[2024/08/25-29]CHISA 2024@Prague, Czech RepublicThe deadline for submission of poster presentation is 31 May 2024. The deadline for standard registration is 30 April 2024.
[2024/09/01-06]ECIS2024@Copenhagen, DenmarkSUBMISSION DEADLINE: 29 MARCH 2024
[2024/09/17-20]第75回コロイドおよび界面化学討論会@仙台口頭発表申込および要旨原稿締切 6/7, ポスター発表申込および要旨原稿締切 6/28, 参加登録予約締切 8/2
[2024/09/22-27]LMC2024@Mainz, GermanyDeadline for abstract submission: 2024/4/15/
[2024/09/22-27]MMM11@Prague, Czech RepublicAbstract submissions close: March 15, 2024
[2024/09/30-10/02]Multiscale simulations of soft matter IV@Darmstadt, Germany
[2024/10/14-17]IFSCC2024@Iguazu Falls, Brazil
[2024/12/XX-XX]第38回分子シミュレーション討論会@姫路
[2024/12/15-19]PRTEC2024@Hawaii, USAAbstract for review due: June 30, 2024
[2025/7/20-25]PRCR2025@Kobe, Japan
過去の学会情報を見る >>