previous arrow
next arrow
Slider


  慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 荒井研究室のホームページです.


研究室見学は,いつでも受け付けていますので,お気軽に35棟107室までお越しください.
メールをくれた方が確実ですが,予約は特段不要です!


 本研究室では,分子シミュレーションを用いて様々なソフトマターに関する現象を分子・原子レベルで解明することを目的としています. [ソフトマターとは?] これまで分子シミュレーションは主に基礎研究や理論研究に主に用いられてきました.しかし近年のコンピュータの劇的な進化やアルゴリズムの発展に伴い,徐々に工学的な応用研究へも踏み出せるようになってきました.
 例えば現在,車や飛行機の設計開発で連続体シミュレーションが用いられているように,今後化学や薬学,医学製品の開発で分子シミュレーションが用いられる日が来るはずです.今がまさにそのPhase transitionの時期で,私達は分子シミュレーションを工学に利用するための最先端の研究に取り組んでいます.
 研究内容は機械工学だけでなく,物理化学や化学工学,医学など多くの分野に渡り,共同研究も幅広く行っています.研究内容に興味がございましたら,お気軽にお問い合わせ下さい.

研究室配属についてはこちらのページへ         「ソフトマター」についてはこちらのページへ

Latest Information

[2020/11/19]

荒井准教授が理工学部1年生対象の企画「理工学部へようこそ!リアル窮理図解 ー 理工11学科 学問のすゝめ ー」において「機械工学の最先端 熱力学編」について講演しました.


Post date: 2020-11-19 19:31:36
[2020/11/05]

小林君(D2)が筆頭著者,荒井准教授が第2著者の論文がLangmuir (IF: 3.557)に掲載決定しました.
DOI: 10.1021/acs.langmuir.0c02308


Post date: 2020-11-05 18:56:03
[2020/10/23]

高分子計算機科学研究会(主題: 溶液,塗布,乾燥に関わるシミュレーションと実験の連携)にて荒井准教授が講演を行いました.


Post date: 2020-10-23 17:21:36
[2020/10/17]

酒井君(B4)と森田君(B4)が卒業研究中間発表会にて,ポスター発表を行いました.


Post date: 2020-10-19 14:24:46
[2020/09/30]

研究室用のポスターを更新しました.


Post date: 2020-09-30 13:05:52
最新の5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



Recent publications

Author(s)TitleJournalYear & Month
Y. Kobayashi, N. Arai, and A. NikoubashmanStructure and Shear Response of Janus Colloid-Polymer Mixtures in SolutionLangmuir2020/XX
H. Tsujinoue, Y. Kobayashi and N. AraiEffect of the Janus Amphiphilic Wall on the Viscosity Behavior of Aqueous Surfactant SolutionsLangmuir2020/08
H. Tsujinoue, T. Nozawa and N. AraiCylindrical defect structures formed by chiral nematic liquid crystal in quasi-one-dimensional nanotubesPhys. Chem. Chem. Phys.2020/06
小林祐生,荒井規允界面活性剤水溶液およびコロイド懸濁液における自己集合と流動ダイナミクス混相流2020/03
N. Arai, Y. Kobayashi, and K. YasuokaBiointerface effect on the self-assembly of ribonucleic acids: A possible mechanism of RNA polymerization in the self-replication cycleNanoscale2020/03
学術論文」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



Recent presentations

Author(s)TitleConferencePlaceDate
荒井規允界面活性剤水溶液およびコロイド懸濁液における自己集合とレオロジー特性高分子計算機科学研究会オンライン2020/10
荒井規允高分子シミュレーションの基礎〜散逸粒子動力学(DPD)法に注目して〜高分子シミュレーションWG10月度例会オンライン2020/10
荒井規允粗視化分子シミュレーションを用いた界面活性剤およびコロイド分散系の流動ダイナミクス混相流シンポジウム2020オンライン2020/08
Y. Kobayashi, N. Arai, and A. NikoubashmanStructure and Dynamics of Amphiphilic Janus Particle Suspensions under ShearThe 2nd Pacific Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC2019)Maui, Hawaii, USA2019/12
H. Tsujinoue, T. Nozawa, and N. AraiCharacteristic Phase Behavior of Cholesteric Liquid Crystals Confined in NanotubesThe 2nd Pacific Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC2019)Maui, Hawaii, USA2019/12
学会発表」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



Conference or Presentation Information

 
DateConferencePlaceNotes
[2020/08/21-23]混相流シンポジウム2020@オンライン基調講演
[2020/10/20]高分子シミュレーションWG技術セミナー10月度例会@オンライン依頼講演(JACI)
[2020/10/23]高分子計算機科学研究会@オンライン依頼講演(高分子計算機科学研究会)
[2020/11/19]リアル窮理図解@慶應義塾大学 日吉キャンパス理工学部1年生対象
[2020/12/15]第34回分子シミュレーション討論会@オンライン
[2021/03/10-11]日本機械学会 関東支部 第27期総会・講演会@オンライン
[2021/07/18-23]LMC 2020@Prague, Czech Republicpostponed from 2020 to 2021
[2021/09/XX]柔らか物質工学研究会@関西大学 千里山キャンパス来年へ延期
[2021/12/12-17]ISMC2021@Osaka, Japan
[2021/12/16-21]PACIFICHEM 2021@Honolulu, Hawaii, US4/12/2021: deadline for abstract 10/20/2021: deadline for early bird
過去の学会情報を見る >>