previous arrow
next arrow
Slider


  慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 荒井研究室のホームページです.
研究室配属についてはこちらのページへ         「ソフトマター」についてはこちらのページへ


 本研究室では,分子シミュレーションを用いて様々なソフトマターに関する現象を分子・原子レベルで解明することを目的としています. [ソフトマターとは?] これまで分子シミュレーションは主に基礎研究や理論研究に主に用いられてきました.しかし近年のコンピュータの劇的な進化やアルゴリズムの発展に伴い,徐々に工学的な応用研究へも踏み出せるようになってきました.
 例えば現在,車や飛行機の設計開発で連続体シミュレーションが用いられているように,今後化学や薬学,医学製品の開発で分子シミュレーションが用いられる日が来るはずです.今がまさにそのPhase transitionの時期で,私達は分子シミュレーションを工学に利用するための最先端の研究に取り組んでいます.
 研究内容は機械工学だけでなく,物理化学や化学工学,医学など多くの分野に渡り,共同研究も幅広く行っています.研究内容に興味がございましたら,お気軽にお問い合わせ下さい.

English ver. is here

Latest Information

[2022/08/05]

佐藤君(D1)が筆頭著者,荒井准教授が最終著者の論文がInternational Journal of Molecular Science (IF: 6.208)に掲載決定しました.


Post date: 2022-08-05 13:03:51
[2022/07/29]

山口さん(9月よりD1予定)の博士試験合格祝い@日吉を行いました.


Post date: 2022-07-30 11:02:29
[2022/07/21]

研究室のQ2納会@日吉を行いました.前期の研究活動,お疲れさまでした.8, 9月も引き続き頑張りましょう!


Post date: 2022-07-21 23:21:00
[2022/07/19]

横山貴洸君(M1)が令和4年度奨学生(公益財団法人いであ環境・文化財団)に採択されました.


Post date: 2022-07-19 16:35:06
[2022/06/21]

佐藤君(D1)が研究のすゝめ奨学金(慶應義塾大学大学院理工学研究科)および博士課程学生研究支援プログラム(慶應義塾大学大学院理工学研究科)に採択されました.


Post date: 2022-06-21 15:19:15
最新の5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



Recent publications

Author(s)TitleJournalYear & Month
L. Peng, N. Arai, and K. YasuokaA stochastic Hamiltonian formulation applied to dissipative particle dynamicsAppl. Math. Comput.2022/08
T. Sato, K. Esashika, E. Yamamoto, T. Saiki, and N. AraiTheoretical Design of a Janus-Nanoparticle-Based Sandwich Assay for Nucleic AcidsInt. J. Mol. Sci.2022/08
荒井規允実験はもう不要?in silicoな製品開発に向けて〜「分子シミュレーション」×「人工知能」月刊化学2022/06
荒井規允ソフトマターの粗視化分子シミュレーションJ. Jpn. Soc. Colour Mater.2022/04
荒井規允,古石貴裕,戎崎俊一疎水性表面変化を利用した能動水輸送ポンプの散逸粒子動力学(DPD)シミュレーションながれ2022/04
学術論文」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



Recent presentations

Author(s)TitleConferencePlaceDate
彭林玉,荒井規允,泰岡顕治散逸粒子動力学のStörmer–Verlet法日本応用数理学会2022年度年会北海道大学,北海道2022/09
横山貴洸, 濱口直, 三譯秀樹, 荒井規允散逸粒子動力学法を用いた多成分両親媒性分子系の自己集合と分子デザインの関係性に関する研究日本機械学会 関東支部 第28期総会・講演会オンライン2022/03
佐藤碧海, 小林祐生, 荒井規允散逸粒子動力学法を用いたナノ空間内における高分子グラフトナノ粒子の自己組織化に関する研究日本機械学会 関東支部 第28期総会・講演会オンライン2022/03
小林祐生, 荒井規允, 泰岡顕治雲母表面間に閉じ込められたOMCTSの構造とせん断粘度に関する分子動力学シミュレーション日本機械学会 関東支部 第28期総会・講演会オンライン2022/03
荒井規允, 古石貴裕, 戎崎俊一疎水性表面変化を利用した水輸送ポンプの散逸粒子動力学シミュレーション第35回数値流体力学シンポジウムオンライン2021/12
学会発表」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



Conference or Presentation Information

 
DateConferencePlaceNotes
[2022/09/08-10]日本応用数理学会2022年度年会@北海道,北海道大学
[2022/09/XX]柔らか物質工学研究会@関西大学 千里山キャンパスコロナ禍の影響で延期
[2022/09/19-22]32nd International Federation of Societies of Cosmetic Chemists (IFSCC) Congress@London, UK
[2022/9/19-23]International Soft Matter Conference (ISMC2022)@Poznan, Poland情報だけ
[2022/09/20-22]第73回コロイドおよび界面化学討論会@広島,広島大学
[2022/10/02-07]The 10th International Conference on Multiscale Materials Modeling (MMM10)@Baltimore, MD, U.S.A 情報だけ
[2022/10/19-22]7th International Conference on Multifunctional, Hybrid and Nanomaterials (HYMA2022)@Genoa, ItalyEarly-booking deadline: 7/29, 2022
[2022/10/31-11/02]Nano Boston Conference@Boston, USA7/27 Abstract Submission (2nd round?)
[2022/12/05-12/07]第36回分子シミュレーション討論会@東京,東工大
[2022/12/14-16]第36回数値流体力学シンポジウム@オンライン
[2023/05/21-25]The Society of Tribologists and Lubrication Engineers (STLE) Annual Meeting & Exhibition@California, USA
[2023/9/04-08]International Soft Matter Conference (ISMC2023)@Osaka, Japan
[2023/10/06-09]The 6th International Conference on Molecular Simulation (ICMS2023)@Taipei, Taiwan
過去の学会情報を見る >>