Feb. 27, 2024
<img src="https://www.arai.mech.keio.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/time1.gif" width="24"> <span style=" font-size : 1.1em">Feb. 27, 2024</span>
Feb. 5, 2024
<img src="https://www.arai.mech.keio.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/time1.gif" width="24"> <span style=" font-size : 1.1em">Feb. 5, 2024</span>
Dec. 6, 2023
<img src="https://www.arai.mech.keio.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/time1.gif" width="24"> <span style=" font-size : 1.1em">Dec. 6, 2023</span>
Nov. 7, 2023
<img src="https://www.arai.mech.keio.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/time1.gif" width="24"> <span style=" font-size : 1.1em">Nov. 7, 2023</span>
Oct. 21, 2023
<img src="https://www.arai.mech.keio.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/time1.gif" width="24"> <span style=" font-size : 1.1em">Oct. 21, 2023</span>
Oct. 20, 2023
<img src="https://www.arai.mech.keio.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/time1.gif" width="24"> <span style=" font-size : 1.1em">Oct. 20, 2023</span>
Sep. 22, 2023
<img src="https://www.arai.mech.keio.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/time1.gif" width="24"> <span style=" font-size : 1.1em">Sep. 22, 2023</span>
previous arrow
next arrow
 


  慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 荒井研究室のホームページです.
研究室配属についてはこちらのページへ         「ソフトマター」についてはこちらのページへ


 本研究室では,分子シミュレーションを用いて様々なソフトマターに関する現象を分子・原子レベルで解明することを目的としています. [ソフトマターとは?] これまで分子シミュレーションは主に基礎研究や理論研究に主に用いられてきました.しかし近年のコンピュータの劇的な進化やアルゴリズムの発展に伴い,徐々に工学的な応用研究へも踏み出せるようになってきました.
 例えば現在,車や飛行機の設計開発で連続体シミュレーションが用いられているように,今後化学や薬学,医学製品の開発で分子シミュレーションが用いられる日が来るはずです.今がまさにそのPhase transitionの時期で,私達は分子シミュレーションを工学に利用するための最先端の研究に取り組んでいます.
 研究内容は機械工学だけでなく,物理化学や化学工学,医学など多くの分野に渡り,共同研究も幅広く行っています.研究内容に興味がございましたら,お気軽にお問い合わせ下さい.


Latest Information

[2024/2/27 - 論文掲載]

山口さん(D2)が筆頭著者,荒井准教授が最終著者の論文がCarbohydrate Polymers (IF: 11.2)に掲載決定しました.代表的ないくつかの生分解性ポリエステルと熱可塑性デンプン(TPS)を組み合わせた界面について分子動力学シミュレーションを行い,優れた接着性と低い相溶性を持つ組み合わせを示しました.その結果,生分解性ポリエステルとTPSブレンドの設計には相溶性界面,静電相互作用,分子鎖のコンフォメーション変化という3つの要因が重要であることを明らかにしました.


Post date: 2024-02-27 11:59:35
[2024/2/5 - 論文掲載]

荒井准教授が第四著者の論文がChemical Science (IF: 8.4)に掲載決定しました.特殊な側鎖を持つディスク状分子が,液晶相中で超分子ブロック共重合体からなる巨大構造を形成することを発見しました.この研究は東京大学 分子界面工学研究室 伊藤先生との共同研究の成果です.


Post date: 2024-02-06 09:42:05
[2024/1/19 - 合同セミナー@慶應]

応用化学科,物理情報工学科,機械工学科の3研究室で合同セミナーおよび懇親会を行いました."実験 ✕ 解析 ✕ シミュレーション"によって,新たな研究分野の創出を目指します!


Post date: 2024-01-20 15:11:33
[2023/12/22~26 - 海外訪問@London, UK]

荒井准教授が研究相談のために,工学院大学 平塚准教授のサバティカル先@ロンドン,イギリスを訪問しました.佐藤君(D2)も留学先から合流してくれました.


Post date: 2023-12-31 23:49:47
[2023/12/22 - 育英奨学生研究中間報告会@慶應三田キャンパス]

佐藤君(D2)が慶応工学会 令和5年度 育英奨学生研究中間報告会で,研究進捗を発表しました.ドレスデン留学中にお疲れ様でした.


Post date: 2023-12-22 18:05:20
最新の5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



Recent publications

Author(s)TitleJournalYear & Month
A. Yamaguchi, S. Arai and N. AraiDesign strategy for blends of biodegradable polyester and thermoplastic starch based on a molecular dynamics study of the phase-separated interfaceCarbohydr. Polym.2024/XX
D. Morishita, Y. Itoh, K. Furukawa, N. Arai, X.-J. Zhang, T. AidaSupramolecular Copolymerization of Hydrophobic and Hydrophilic Monomers in Liquid Crystalline MediaChem. Sci2024/02
荒井規允, 戎崎俊一生体から発想を得た分子スケールの水輸送方法の提案TEN2024/02
Y. Ishiwatari, T. Yokoyama, T. Kojima, T. Banno and N. AraiMachine learning prediction of self-assembly and analysis of molecular structure dependence on critical packing parameterMol. Syst. Des. Eng.2024/01
K. Suzuki, Y. Kobayashi, T. Yamazaki, T. Tsuji, and N. AraiMechanisms underlying the stability and instability of concentrated oil-in-water emulsions: Effect of the chemical structure of amphiphilic polymersJ. Mol. Liq.2024/01
学術論文」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



Recent presentations

Author(s)TitleConferencePlaceDate
佐々木翔生,上野響,石渡悠幹,荒井規允,朝倉浩一,伴野太祐光照射による物質取り込み能制御を指向した人工細胞型分子ロボットの創製第7回分子ロボティクス年次大会東京大学,東京2024/03
山口晃寛分子シミュレーションを活用した生分解性ポリマーブレンド材料の設計第2回ソフトマテリアル工学シミュレーション討論会(SMECS2024)慶應義塾大学,横浜2024/03
荒井規允散逸粒子動力学 (DPD) 法の基礎から応用まで第2回ソフトマテリアル工学シミュレーション討論会(SMECS2024)慶應義塾大学,横浜2024/03
石渡悠幹, 横山貴洸, 小島知也, 伴野太祐, 荒井規允機械学習による両親媒性分子の自己集合構造予測および化学構造依存性解析第2回ソフトマテリアル工学シミュレーション討論会(SMECS2024)慶應義塾大学,横浜2024/03
佐々木謙散逸粒子動力学法を用いた水/油/界面活性剤系における油滴の駆動制御第2回ソフトマテリアル工学シミュレーション討論会(SMECS2024)慶應義塾大学,横浜2024/03
学会発表」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



Conference or Presentation Information

 
DateConferencePlaceNotes
[2023/05/21-25]STLE Annual Meeting & Exhibition@California, USA
[2023/05/25-27]第60回日本伝熱シンポジウム@福岡,福岡国際会議場
[2023/05/27]OCTA20周年記念講演会@愛知,名古屋大学
[2023/06/07-08]6th IPCE Conference@Sardinia, Italy
[2023/9/04-08]ISMC2023@Osaka, Japan
[2023/09/25-30]ITC Fukuoka 2023@Fukuoka, JapanEarly-bird Registration Deadline: June 30, 2023
[2023/09/28]第17回アクセラレーション技術発表討論会@さいたま,理化学研究所
[2023/10/06-09]ICMS2023@Taipei, TaiwanAbstract Submission Deadline: 2023/06/16 Early Bird Registration Deadline: 2023/08/04
[2023/10/12-13]Japan-Vietnam Bilateral Symposium on Science and Engineering for Space and the Earth@Hanoi, Vietnam
[2023/11/07]Pre-KEIO TECHNO-MALL 2023@オンライン
[2023/12/04-06]第37回分子シミュレーション討論会@福井,福井県県民ホール発表申込締切: 9/15, 講演要旨原稿締切: 10/16
[2023/12/11-16]MRM2023/IUMRS-ICA2023@Kyoto, JapanAbstract Submissions Deadline: May 31, 2023 Early-bird Registration Deadline: September 30, 2023
[2023/03/01-02]第2回ソフトマテリアル工学シミュレーション討論会(SMECS2024)@慶應義塾大学来往舎
[2024/7/30-8/2]ISMC2024@North Carolina, USA
[2024/08/25-29]CHISA 2024@Prague, Czech RepublicThe deadline for submission of poster presentation is 31 May 2024. The deadline for standard registration is 30 April 2024.
[2024/09/01-06]ECIS2024@Copenhagen, DenmarkSUBMISSION DEADLINE: 29 MARCH 2024
[2024/09/22-27]LMC2024@Mainz, GermanyDeadline for abstract submission: 2024/4/15/
[2024/09/22-27]MMM11@Prague, Czech RepublicAbstract submissions close: March 15, 2024
[2024/10/14-17]IFSCC2024@Iguazu Falls, Brazil
[2024/12/XX-XX]第38回分子シミュレーション討論会@姫路
[2025/7/20-25]PRCR2025@Kobe, Japan
過去の学会情報を見る >>