著書

TitleAuthor(s)PublisherDateNotes
高分子材料の事典(仮)荒井規允朝倉書店(高分子学会編集)執筆中第XX章XX節: 散逸粒子動力学法
化学便覧 基礎編 改訂6版荒井規允,泰岡顕治丸善出版脱稿済第XX章XX節: 粗視化ポテンシャルについて
人と共生するAI革命 ~活用事例からみる生活・産業・社会の未来展望~荒井規允,湯原大輔,泰岡顕治NTS Inc.2019/06第11章3節「AI活用による材料創製のための分子シミュレーションの高速化と界面活性剤性質予測システムの開発」
界面活性剤の選び方、使い方 事例集荒井規允技術情報協会2019/07第2章 第9節「AIによる界面活性剤の性質予測」
Water molecules and proteinsN. Arai, T. Koishi, and T. EbisuzakiSpringerin pressChap. 10 "Biological motor model by hydrophobic bubble formation"
分子ナノテクノロジーハンドブック〜最新ポリマーABC技術を中心として〜荒井 規允NTS Inc.2014/03第5編7章「散逸粒子動力学法」