学術論文

FieldAuthor(s)TitleJournalVolume, Issue, & PageYear & MonthNotes
Micelle, VesicleShogo Tanaka, Noriyoshi Arai, and Yusei KobayashiSimulation study on the effects of the self-assembly of nanoparticles on thermal conductivity of nanofluidsChem. Phys. Lett.doi: https://doi.org/10.1016/j.cplett.2021.1391292021/XXJust accepted
Micelle, VesicleYusei Kobayashi, Hirotaka Gomyo, and Noriyoshi AraiMolecular Insight into the Possible Mechanism of Drag Reduction of Surfactant Aqueous Solution in Pipe FlowInt. J. Mol. Sci.22 (14), 75732021/07
NanoparticleT. Sato, Y. Kobayashi, and N. AraiEffect of chemical design of grafted polymers on the self-assembled morphology of polymer-tethered nanoparticles in nanotubesJ. Phys. Condens. Matter33 (36), 3654042021/07
Review荒井規允第27期総会・講演会および優秀公演報告メカトップ関東124 (50), 22021/07
NanoparticleT. Sato, Y. Kobayashi, T. Michioka, and N. AraiSelf-assembly of polymer-tethered nanoparticles with uniform and Janus surfaces in nanotubesSoft Matter17 (15), 4047-40582021/03
学術論文」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



 

 著書

TitleAuthor(s)PublisherDateNotes
データ分析の進め方及びAI・機械学習導入の指南 ~データ収集・前処理・分析・評価結果の実務レベル対応~荒井規允情報機構2020/07第5章第4節第1項 AIと分子シミュレーションを用いた材料物性の予測
高分子材料の事典(仮)荒井規允朝倉書店(高分子学会編集)脱稿済第XX章XX節: 散逸粒子動力学法
化学便覧 基礎編 改訂6版荒井規允,泰岡顕治丸善出版2020/1217.1.3 分子シミュレーション i.粗視化ポテンシャル
人と共生するAI革命 ~活用事例からみる生活・産業・社会の未来展望~荒井規允,湯原大輔,泰岡顕治NTS Inc.2019/06第11章3節「AI活用による材料創製のための分子シミュレーションの高速化と界面活性剤性質予測システムの開発」
界面活性剤の選び方、使い方 事例集荒井規允技術情報協会2019/07第2章 第9節「AIによる界面活性剤の性質予測」
著書」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



 

 学会発表

FieldPresenter(s)TitleConferencePlaceDateNotes
NanoparticleT. Sato, Y. Kobayashi, and N. araiEffect of polymer chemical design on self-assembly of polymer-tethered nanoparticles in nanotubesXXXII IUPAP Conference on Computational Physics (CCP2021)Online2021/08
NanoparticleY. Kobayashi, N. arai, and A. NikoubashmanStructural and rheological properties of Janus colloid-polymer mixtures in dilute solution under shear11th Liquid Matter Conference 2020 (LMC2020)Online2021/07
NanoparticleT. Sato, Y. Kobayashi, and N. araiSelf-assembly of polymer-tethered nanoparticles in nanotubes11th Liquid Matter Conference 2020 (LMC2020)Online2021/07
Liquid Crystal辻之上弘晃, 野澤拓磨, 高橋和義, 荒井規允準一次元閉じ込め系におけるコレステリック液晶が形成する自己集合構造に関する散逸粒子動力学シミュレーション日本機械学会 関東支部 第27期総会・講演会オンライン2021/03
Nanoparticle小林祐生, 荒井規允, Arash Nikoubashman粗視化分子シミュレーションを用いたコロイド-ポリマー混合溶液の自己集合と粘性挙動に関する研究日本機械学会 関東支部 第27期総会・講演会オンライン2021/03
学会発表」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



 

 受賞など

Author(s)TitleContentDate
佐藤碧海ポリマーテザードナノ粒子の自己集合を用いた高性能誘電特性材料の設計特別研究員(DC1)奨励費(独立行政法人日本学術振興会)2022/04 (内定)
荒井規允,大村亮熱スイッチ機能を有する熱輸送材料の設計と熱交換メカニズムの分子論的理解学事振興資金(共同研究)(慶應義塾大学)2019/04
辻之上弘晃準一次元閉じ込め系におけるコレステリック液晶が形成する自己集合構造に関する散逸粒子動力学シミュレーション若手優秀講演フェロー賞(日本機械学会)2021/04
辻之上弘晃三浦賞(日本機械学会)2021/03
小林祐生コロイド−ポリマー混合溶液の性質についての分子シミュレーションによる研究藤原賞(慶應義塾大学大学院理工学研究科)2021/03
受賞など」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>