学術論文

FieldAuthor(s)TitleJournalVolume, Issue, & PageYear & MonthNotes
Liquid CrystalT. Sato, H. Tsujinoue, K. Z. Takahashi, and N. AraiCoarse-grained molecular simulation of the effect of liquid crystal molecular pitch on structure in cylindrical confinementPhys. Rev. E2024/XXaccepted
NanoparticleT. Yamazaki, K. Suzuki, Y. Kobayashi, N. Arai, and T. TsujiPoly(vinyl alcohol)-modified poly(methyl methacrylate) particles for solid-stabilized oil-in-water emulsions Colloids Surf. A697 (20), 1344332024/09
SurfaceI. Yasuda, K. Endo, N. Arai, and K. YasuokaIn-layer inhomogeneity of molecular dynamics in quasi-liquid layers of iceCommun. Chem.7, 1172024/05
Liquid CrystalK. Yamada and N. AraiCholesteric liquid crystal phase variations within nanotubes: An in-depth analysis of the influences of twist Radius and molecular pitchLiq. Cryst.2024/XXaccepted
Surface荒井規允, 戎崎俊一生体から発想を得た分子スケールの水輸送方法の提案TEN5, 65-762024/02
学術論文」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



 

 著書

TitleAuthor(s)PublisherDateNotes
実験の自動化・自律化によるR&Dの効率化と運用方法荒井規允技術情報協会2023/12第7章第5節 AIと分子シミュレーションを組み合わせたソフトマター材料の物性予測と開発効率化
データ分析の進め方及びAI・機械学習導入の指南 ~データ収集・前処理・分析・評価結果の実務レベル対応~荒井規允情報機構2020/07第5章第4節第1項 AIと分子シミュレーションを用いた材料物性の予測
高分子材料の事典荒井規允朝倉書店(高分子学会編集)2022/10第5章3節: 散逸粒子動力学シミュレーション
化学便覧 基礎編 改訂6版荒井規允,泰岡顕治丸善出版2020/1217.1.3 分子シミュレーション i.粗視化ポテンシャル
人と共生するAI革命 ~活用事例からみる生活・産業・社会の未来展望~荒井規允,湯原大輔,泰岡顕治NTS Inc.2019/06第11章3節「AI活用による材料創製のための分子シミュレーションの高速化と界面活性剤性質予測システムの開発」
著書」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



 

 学会発表

FieldPresenter(s)TitleConferencePlaceDateNotes
Molecular Motor, Active MatterT. Banno, K. Ueno, Y. Ishiwatari, K. Sasaki, T. Kojima, K. Asakura, N. AraiMolecular Understanding of Self-Propelled Motion of Droplets in Aqueous Surfactant SolutionChromatin Structure and Function Gordon Research ConferenceRhode Island, USA2024/07
Micelle, VesicleS. Sasaki, H. Ueno, N. Arai, K. Asakura, T. BannoCreation of Giant Vesicles with Balancing Structural Stability and Stimuli-ResponsivenessChromatin Structure and Function Gordon Research ConferenceRhode Island, USA2024/07
Review荒井規允TBA洗浄に関するシンポジウム(日本油化学会)東京都江戸川区2024/10依頼講演
Review荒井規允“分子シミュレーション”ד機械学習”によるソフトマター材料開発の深化Winmostar TechDay2024東京都中央区2024/07招待講演
SurfaceT. Sato, I. Yasuda, Y. Kobayashi, N. Arai, and K. YasuokaInfluence of Polymers on Ice-Polymer Premelting DynamicsDPG Spring MeetingBerlin, Germany2024/03
学会発表」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



 

 受賞など

Author(s)TitleContentDate
山田一威ナノチューブ閉じ込め系におけるコレステリック液晶の相変化のDPDシミュレーション〜ねじれ半径とピッチの影響〜Best Poster Award(SMECS2024)2024/03
松浦陸,荒井規允クラスレートハイドレートを利用した次世代型ヒートポンプの開発のための実験研究学事振興資金(共同研究)(慶應義塾大学)2023/06
濱口直研究のすゝめ奨学金(慶應義塾大学大学院理工学研究科)2023/06
横山貴洸2023年度国際人材育成資金・基金 海外留学奨励金(慶應義塾大学理工学部)2023/05
孟凡奨学金(公益財団法人 住友電工グループ社会貢献基金)2023/06
受賞など」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>