学術論文

FieldAuthor(s)TitleJournalVolume, Issue, & PageYear & MonthNotes
SurfaceY. Kobayashi, N. Arai, and K. YasuokaCorrelation between ordering and shear thinning in confined OMCTS liquidsJ. Chem. Phys.157 (11), 1145062022/09
NanoparticleT. Sato, K. Esashika, E. Yamamoto, T. Saiki, and N. AraiTheoretical Design of a Janus-Nanoparticle-Based Sandwich Assay for Nucleic AcidsInt. J. Mol. Sci.23 (15), 88072022/08
Surface荒井規允,古石貴裕,戎崎俊一疎水性表面変化を利用した能動水輸送ポンプの散逸粒子動力学(DPD)シミュレーションながれ41 (2), 57-602022/04第35回数値流体力学シンポジウム注目研究(10/244件)
Review荒井規允実験はもう不要?in silicoな製品開発に向けて〜「分子シミュレーション」×「人工知能」月刊化学77 (6), 68-692022/06
Review荒井規允ソフトマターの粗視化分子シミュレーションJ. Jpn. Soc. Colour Mater.95 (4), 92-972022/04
学術論文」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



 

 著書

TitleAuthor(s)PublisherDateNotes
データ分析の進め方及びAI・機械学習導入の指南 ~データ収集・前処理・分析・評価結果の実務レベル対応~荒井規允情報機構2020/07第5章第4節第1項 AIと分子シミュレーションを用いた材料物性の予測
高分子材料の事典(仮)荒井規允朝倉書店(高分子学会編集)脱稿済第XX章XX節: 散逸粒子動力学法
化学便覧 基礎編 改訂6版荒井規允,泰岡顕治丸善出版2020/1217.1.3 分子シミュレーション i.粗視化ポテンシャル
人と共生するAI革命 ~活用事例からみる生活・産業・社会の未来展望~荒井規允,湯原大輔,泰岡顕治NTS Inc.2019/06第11章3節「AI活用による材料創製のための分子シミュレーションの高速化と界面活性剤性質予測システムの開発」
界面活性剤の選び方、使い方 事例集荒井規允技術情報協会2019/07第2章 第9節「AIによる界面活性剤の性質予測」
著書」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



 

 学会発表

FieldPresenter(s)TitleConferencePlaceDateNotes
SurfaceN. AraiCoarse-grained molecular simulation for active water pumps inspired by biomoleculesResearch group seminar of Condensed Matter Theory in JGU MainzMainz, Germany2022/09
Micelle, VesicleM. Hamaguchi, H. Miwake, R. Nakatake and N. AraiArtificial intelligence model for the prediction of cleansing foam formulations with excellent make-up removability ~Is an "in silico formulator" superior to a human formulator?~32nd International Federation of Societies of Cosmetic Chemists (IFSCC) CongressLondon, UK2022/09
Micelle, VesicleT. Yokoyama, H. Miwake, M. Hamaguchi, R. Nakatake and N. AraiComputer simulation evidence of the molecular mechanism of makeup removal using cleansing foam ~Is an "in silico formulator " superior to a human formulator?~32nd International Federation of Societies of Cosmetic Chemists (IFSCC) CongressLondon, UK2022/09
Algorithm彭林玉,荒井規允,泰岡顕治散逸粒子動力学のStörmer–Verlet法日本応用数理学会2022年度年会北海道大学,北海道2022/09
Nanoparticle酒井星河,平野秀典,荒井規允分子動力学法を用いたシクロデキストリンの薬物分子包接現象の研究第35回分子シミュレーション討論会岡山大学,岡山2021/11
学会発表」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



 

 受賞など

Author(s)TitleContentDate
佐々木謙小泉基金による大学院生海外渡航費補助(慶應義塾大学)2022/08
横山貴洸令和4年度奨学生(公益財団法人いであ環境・文化財団)2022/07
佐藤碧海ヤヌスナノ粒子の挟み込みによるタンパク質センサ最適構造の検討博士課程学生研究支援プログラム(慶應義塾大学理工学研究科)2022/06
佐藤碧海研究のすゝめ奨学金(慶應義塾大学大学院理工学研究科)2022/06
伴野太祐,荒井規允界面活性剤水溶液中を自己駆動する液滴の分子種依存性学事振興資金(共同研究)(慶應義塾大学)2022/06
受賞など」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>