Challenge to Molecular Simulation Engineering

大学生・大学院生はこちらのページへ


  慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 荒井研究室のホームページです.
 本研究室では,分子シミュレーションを用いて様々なソフトマターに関する現象を分子・原子レベルで解明することを目的としています.これまで分子シミュレーションは主に基礎研究や理論研究に主に用いられてきました.しかし近年のコンピュータの劇的な進化やアルゴリズムの発展に伴い,徐々に工学的な応用研究へも踏み出せるようになってきました.
 例えば現在,車や飛行機の設計開発で連続体シミュレーションが用いられているように,今後化学や薬学,医学製品の開発で分子シミュレーションが用いられる日が来るはずです.今がまさにそのPhase transitionの時期で,私達は分子シミュレーションを工学に利用するための最先端の研究に取り組んでいます.
 研究内容は機械工学だけでなく,物理化学や化学工学,医学など多くの分野に渡り,共同研究も幅広く行っています.研究内容に興味がございましたら,お気軽にお問い合わせ下さい.

大学生・大学院生はこちらのページへ

Latest Information

[2020/06/21]

辻之上君(M1)が筆頭著者,荒井准教授が最終著者の論文がPhysical Chemistry Chemical Physics (IF: 3.567)に掲載決定しました.


Post date: 2020-06-21 06:58:37
[2020/03/23]

機械工学科の学位記授与が行われました.五明君,山本君,ご卒業おめでとうございます!


Post date: 2020-03-23 17:46:07
[2020/03/13]

小林君(D1)の研究が国際技術交流援助(公益財団法人東電記念財団)に採択されました.


Post date: 2020-03-13 15:08:48
[2020/02/17]

荒井准教授が筆頭著者,小林君(D1)が第2著者の論文がNanoscale (IF: 6.970)に掲載決定しました.


Post date: 2020-02-17 07:15:24
[2020/01/27]

三輪谷君(近畿大学M2)が筆頭著者,荒井准教授が最終著者の論文がPolymers (IF: 3.164)に掲載決定しました.


Post date: 2020-01-27 09:30:32
最新の5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



Recent publications

Author(s)TitleJournalYear & Month
H. Tsujinoue, T. Nozawa and N. AraiCylindrical defect structures formed by chiral nematic liquid crystal in quasi-one-dimensional nanotubesPhys. Chem. Chem. Phys.2020/XXX
小林祐生,荒井規允界面活性剤水溶液およびコロイド懸濁液における自己集合と流動ダイナミクス混相流2020/03
N. Arai, Y. Kobayashi, and K. YasuokaBiointerface effect on the self-assembly of ribonucleic acids: A possible mechanism of RNA polymerization in the self-replication cycleNanoscale2020/03
R. Miwatani, K. Z. Takahashi, and N. AraiPerformance of coarse graining in estimating polymer properties: comparison with the atomistic modelPolymers2020/02
Y. Kobayashi, N. Arai, and A. NikoubashmanStructure and dynamics of amphiphilic Janus spheres and spherocylinders under shearSoft Matter2020/01
学術論文」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



Recent presentations

Author(s)TitleConferencePlaceDate
Y. Kobayashi, N. Arai, and A. NikoubashmanStructure and Dynamics of Amphiphilic Janus Particle Suspensions under ShearThe 2nd Pacific Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC2019)Maui, Hawaii, USA2019/12
H. Tsujinoue, T. Nozawa, and N. AraiCharacteristic Phase Behavior of Cholesteric Liquid Crystals Confined in NanotubesThe 2nd Pacific Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC2019)Maui, Hawaii, USA2019/12
Y. Araki, Y. Kobayashi, and N. AraiFormation Process and Self-Assembled Structure of Tetrapod Nanoparticles using Dissipative Particle Dynamics SimulationThe 2nd Pacific Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC2019)Maui, Hawaii, USA2019/12
N. Arai and T. InokuchiCombination of Machine Learning and Coarse-Grained Molecular Simulation for High-Performance Surfactant MaterialsThe 2nd Pacific Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC2019)Maui, Hawaii, USA2019/12
澤眞詩, 荒井規允, 山本詠士, 泰岡顕治散逸粒子動力学法を用いた単一ヤヌス粒子の拡散について第33回分子シミュレーション討論会名古屋, 愛知2019/12
学会発表」のページから5件のアイテムを表示しています.もっと見る >>



Conference or Presentation Information

 
DateConferencePlaceNotes
[2020/06/16]第25回高分子計算機科学研究会講座@東工大 蔵前会館依頼講演
[2020/08/21-23]混相流シンポジウム2020@静岡大学 浜松キャンパス基調講演,講演申込締め切り4/17
[2020/09/11-12]柔らか物質工学研究会@関西大学 千里山キャンパス参加申込: 7/31
[2020/10/23]分散系、塗布、乾燥に関するシミュレーションと実験の連携(仮)@東工大 蔵前会館依頼講演(高分子計算機科学研究会)
[2020/12/01-03]第34回分子シミュレーション討論会@岡山大学
[2020/12/15-20]PACIFICHEM 2020@Honolulu, Hawaii, USAbstract submission: 4/15
[2021/07/18-23]LMC 2020@Prague, Czech Republicpostponed from 2020 to 2021
[2021/12/12-17]ISMC2021@Osaka, Japan
過去の学会情報を見る >>